お金と投資

30代の婚約指輪〜GRAFFのアイコンに決めるまで〜

 

2020年の9月に結婚しました。
今回は婚約・結婚指輪を選ぶまでの道のりを書いていこうと思います。
本来は11月にハワイ(ブラックフライデー)でハリーウィンストンを買ってもらう予定だったのですが
ハワイ行きが白紙になったことで、指輪を選ぶという楽しい時間を過ごすことができました。
ただ楽しい時間だったけれど、膨大な結婚指輪市場に翻弄された感じが否めません。(笑)

そこで、同じく30代で結婚する方の参考になれば嬉しいです。

結婚指輪の選び方〜アラサーで初婚の結婚指輪〜

30歳過ぎての婚約なんですが、あまりに婚約指輪に興味が無さすぎて正直どこから手をつけていいかわかりませんでした。
助けられたのが、こちらのマイナビウエディング(笑)

ブランドを関係なく、とりあえずデザインでざっくり選んでいくことにしました。
この時に惹かれたのはシャネルのカメリアでした。

ですが、写真で見るのと本物を見るのでは違うと思って、改めて実物のダイヤモンドを見にいくことに。
どこが一番効率がいいのか考えて、銀座であればいっぺんに見れるだろうとまとめて見にいくことにしました。

 

候補を絞る〜ハイブランドを巡って見る〜

旦那さんと一緒に行ったお店を順不同で並べております^^

Harry Winston銀座

ハワイで買おうともったのが、Harry表参道に訪れて素敵だったから+旦那さんがハワイが好きで、ハワイで買うならアメリカブランドがいいと思ってハリーウィンストンにしたのです。
この時は、思い出の割合強目で選んでいたので、ハワイに行けないのならいいんじゃないか…と思ったのですが、改めて銀座店も見に行ってきました。
ですが、惹かれたデザインがなく断念。
2020年の6月時点では、コロナ禍ということでダイヤモンドを結構な値下げをしているという定員さんもいらしましたね。
でも有名なHWマークにもそんなに惹かれることもなく…とりあえずキングオブダイヤモンドを見たと言う気持ちで完了。(笑)

ダイヤモンドシライシ

経営学をかじっている人なら絶対に知っていると思うのですが、ダイヤモンドとは商標商売なので「価値が変わらない」なんてことがなく…(割愛します)(笑)

私も彼も、生ら経営学部だったり、彼に関してはもともと経営コンサルタント出身、輸入業をしていた手前ダイヤモンドを買う理由が、私が喜ぶからと言う理由以外ないのです。

ですが、大きな買い物だし、ぜひ彼に「素敵だな」と思ってもらいたかったもので、頭を捻りました。
ブランド価値を話すのではなく、ちゃんとダイヤモンドの話をしてくれるお店を探すことにして、辿り着いたのがダイヤモンドシライシでした。
ダイヤモンドシライシをいえばブライダルリングでは有名ですね。わたしだけですかね?W

普通だったら予約して訪問するものなのですが、東京駅付近での仕事の帰りに突然訪問して紹介していただきました。


ダイヤモンドについて、基準や価値について本当に細かく説明していただき、指輪になる前のダイヤモンドをたくさん見せえてくださいます。これがとってもよかったです。


指輪の土台の部分。これも選べます!

ご担当の方のおかげで、旦那さんも「ダイヤモンド」についてしっかり考えてくださったようです。色々なハイブランドを回りましたが、こうして男性も納得の説明をしてくれるのはダイヤモンドシライシさんだけでした。
指輪で悩んでいるパートナーをお持ちの方は是非予約してみてくださいね。

伊勢丹新宿ブライダルリングアテンドサービス

婚約指輪で悩んでいると知り合いの中でもピカイチお金持ちの美女に相談したら教えてくださったのがこちらの伊勢丹ブライダルリングブラダルリングアテンドサービスになります。
訪問日を予約すると、当日伊勢丹の係の方がついていただきます。
そして、なんと下記のハイブランドの指輪がいっぺんに見れるのです!


こんな感じで、タッチパネルから選べます。

デザインからも選べます!

 

ここでは、ヴァンクリーフ&アーペルにとにかく心惹かれました。
それがこちら!

婚約指輪っていうか、普通に欲しいwwww

伊勢丹のアテンドサービスがとてつもなく良くって、自分ではあえて見に行かないかも知れない…なんてブランドとデザインをいただいてときめく!なんて経験をさせてもらえました。
ブランドの担当者様じゃないので、推しも強くないし(笑)
フラットに見に行きたい人には本当におすすめです。


予算に合わせて、1階のブランドも見せていただけます。

婚約指輪・結婚指輪選びで、ゼロスタートの人は
この伊勢丹のブライダルリングアテンドサービスが一番です。

GRAFF

結婚した当日、旦那さんがエディション虎ノ門を予約してくださいました。
まだこの時点で実は婚約指輪が決まっていない件。(笑)

ですが、ここでふと思いついたのが、以前知り合いがモナコでGRAFFの指輪で感動したと言うこと。
エディションから東京のGRAFFサロンはタクシーで近かったと言うのもあり、当日予約でお伺いさせていただきました。

ここで感動したのが、GRAFFのサロンの素敵さでした…!

写真は25ans より出典

なんだ結婚式場に来たような胸のときめきを感じて、お店に入った瞬間から雰囲気に惚れてしまっていたのですが、指輪を見せていただいても感動が止まりませんでした。

そんなにGRAFFについてそんなに知らなかったのですが、こちらのコラムを見てさらに興味が湧いてきたのです。

ダイヤモンドを知り尽くしたジュエラー「グラフ」とは?|GRAFF

>>ダイヤモンドジュエリーにおいて“トップ オブ トップ”と呼ぶにふさわしいハイジュエラー「グラフ」。希少なビッグダイヤモンドやカラーダイヤモンドを精巧にカッティングすることで生み出される、息を飲むほどに美しいジュエリーの数々。その比類なき輝きは、女性たちの心を一瞬にしてとろけさせる。

そして、オーナーが一代でダイヤモンドの鉱山を買い、ここまでのハイジュエラーを作った”飛躍”の感性を感じました。

何より、ここで見たダイヤモンドの輝きの違いに魅了されました…!

やっぱりダイヤモンドって、
生で見ないとわかんないんだって実感…!

 

最終決定〜私的ランキング〜

条件の決定

ここまでハイブランドや百貨店を見てみて、自分の中で条件が定まってきました。

  1. H&C(ハートアンドキューピッド)が崩れていないこと(ダイヤモンドのランク)

  2. はじめて買ってもらったダイヤモンドの思い出が先の10年でも喜べるには?で彼と話し合うこと。(笑)

でした。

①に関しては、これはダイヤモンドシライシをみて、ダイヤモンドのカットの美しさを心底知れたからこそ。普通にハイブランドに言っていただけでは見つからない条件だったように思います。

こちらがハートです。

こちらがキューピット(矢)

どっちも生で見ると、とても心が惹かれると思いますよ!

 

②に関しては、伊勢丹新宿で0.7ctと1ct両方をつけさせてもらっていたというのもあり、お値段とかと相談かな〜〜って気持ちになっていきました。

最後の3択

最後の候補に上がったのは、ヴァンクリーフアーペルかGRAFF。


上から、
・ヴァンクリーフアーペル1ct
・ヴァンクリーフアーペル0.7ct
・GRAFFの1ct

 

そうなんです。ct数でも悩みました!

0.7ctと1.0ctで200万(ダイヤモンドのランクによっては300万)ぐらい違うんだもの…!

もう選べない…どうすればいいの…と一週間ぐらい唸りましたw

最終決定

旦那さん的に「一番テンション上がっていたのはこれだったよ」の一言で背中を押されて決定しました。

GRAFFのアイコン1.0ctにしました。

ものすごく悩んだんです。
0.7ctとね…だって数百万違うんだもの…

旦那さん的には、そんなことで悩まないで欲しい、と言っていたのですが
その数百万を事業投資に回せるかすごく考えてしまった私がいました。
(これはもう職業病)

自分のテンションの差が明らかに違うと気づいていたというよりも、
旦那さんが「10年後に、これ買ってよかったと言えるものがいいよ」という話をしてくれて、1ct以上を視野に入れたんですけど、やっぱり散々悩むわけです。(笑)

そうしたら、GRAFFで担当になってくださった方が、ダイヤモンドのランクや内容を考えてくださって取り寄せてくださったのです。その優しさに泣いた。
(ここから通うことになります…私は担当さんにつくタイプ…)(笑)

んで、付けるたびに心が躍っていた、アイコンに落ち着きました。

個人的なブランドのランキング

  1. GRAFF(銀座)
  2. ダイヤモンドシライシ(銀座)
  3. ヴァン クリーフ&アーペル(銀座や伊勢丹新宿)

HarryWinstonもとてもよかったのですが、Harry×Hawaiiの組み合わせを知っているとなんだか日本で買う気にならなくてですね(笑)

旦那様との話し合いもあったのですが、ダイヤモンドを今後長いこと買い集めるなら、最初は何がいいかな?という視点でも考えてみました。
GRAFFはロンドンから始まっていて、夫婦でヨーロッパに通いたいなあ、ロンドンのサロンにつけていけるジュエリーがあるといいなあなど夢が膨らんだっていうのもあります。

ちなみに、旦那様も納得のダイヤモンド自体の価値を伝えてくれるダイヤモンドシライシさんでは、結婚指輪を買うことにしました。
なので、私的ランキング1、2位は手にしました。望めば叶うものですね。(笑)

ちなみに、インターネットで見たシャネルのカメリアは銀座店にはなくて見ることも叶いませんでした。いつか出会った時、買えるように準備だけしておきたいと思いました。(笑)

 

30代の婚約指輪って、結構ハードル高いんじゃないかと思います。
ブランドで行くか、むしろそういうのには一切拘らない条件を決めていくか…
私的基準がモノを言ってくる、それなりに大きな買い物だと思うんです。

どっちにしろ、奥さん任せって旦那様が多い気もしています(笑)

そこで拗ねて投げやりになることもなく、ちゃんと現物を見にいくに限りますよ!

きっと胸のときめきはプライスレスです。(笑)

コロナで外出も制限されていますが、是非心躍るダイヤモンドを手に入れてくださればと思います!

参考になれば嬉しいです!^^